2017年10月16日月曜日

11/18(土)発 安曇野ツアーのお誘い

めっきり秋らしくなってまいりました。
食欲の秋+αを満喫しに、晩秋の安曇野を走りに行きませんか?


【企画名】安曇野ツアー~秋の陣~

【リーダー】川合
 
【開催日】
  2017年11月18日(土)~11月19日(日)
  *原則雨天決行(悪天候が理由で不催行の場合は4日前を目安に連絡)

【募集人数】 
  10名程度

【集合・解散】
 集合:11月18日(土)10:00 JR松本駅 
  (参考:新宿7:00発特急あずさ1号9:39松本)
 解散:11月19日(日)16:30頃 JR長野駅
    (参考:長野16:45発あさま664号18:28上野着)
 ★注意:移動手段(鉄道)の予約は各自で行ってください
   (宿泊の予約はまとめて行います) 

【行程】
 ■11月18日(土) 走行距離約60km(若干上り基調)
  10:00集合 走行開始(R51)
  12:00頃 信濃大町付近で昼食 *場所未定
  13:00頃 走行開始 
     R148ベースで木崎湖・青木湖などを回り、湖畔でコーヒー野点
  17:00頃 宿到着
 ■11月19日(日) 走行距離約55km(ひたすらR406を走行)
  8:30頃 走行開始
  11:00頃 鬼無里付近で昼食 *場所未定
  14:00頃 裾花渓谷でコーヒー野点
  16:00頃 JR長野駅着
【予算】 
 交通費 新宿~松本特急7000円 (指定席参考料金)
     長野~上野新幹線8000円(あさま号指定席参考料金)
 宿泊費 約8,000~8,500円(夕・朝食付き)
 その他 昼食、おやつ代 等

【宿泊施設】
 *ペンション ウルル*
  〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22201-2
 HP: http://www.ullr.jp/
  ℡ 0261-75-2774
  ★11月に入ってからの取消は、キャンセル料が発生する場合があります

【持ち物】
 ヘルメットまたはカスク、手袋、輪行袋、スペアチューブ
 お財布、携帯電話、保険証、雨具、タオル、防寒具 など
   
【申し込み/問い合わせ先】 info@rinproject.com
   *件名を「11/18発安曇野ツアー」と記載ください
  *必要事項:
  ・氏名
  ・予定の移動手段(新幹線・特急/バス/車など)
  ・当日連絡の取れる電話番号
  ・緊急連絡先(自宅&携帯番号/相手のお名前)
 *途中参加、及び宿泊先をご自身で手配される方は、その旨お知らせ下さい

【〆切】 2017年11月6日(月) 18:00
  *定員に達した場合、前倒しで〆切ります


2017年10月3日火曜日

11/3(金/祝)発 ふたばサイクルトレインのお誘い

10/10追記:おかげさまでA1コース満席、A2コースもほぼ満席となりました。
これからお申し込みをされる方は、B/Cコースも検討ください。

11月頭の3連休、上野からサイクルトレインに乗って
秋たけなわの福島県にご一緒しませんか?

~ご注意ください~
①本件はリンプロジェクトの企画/主催するツアーではありません。
  (”復興支援ふたばサイクリング実行委員会”が企画/主催するツアーです。)
  お申し込みは、下記、アールエイチ企画さまへお願いいたします。
  また、他参加者の皆さまともご一緒いたします。
 ②ヘルメットについて
  カスクでの参加もOK
  また数量限定ですが貸し出しもあるそうです。


”ふたば”とは福島県東部の浜通りにある双葉郡にある8つの町村を指すのだそうです。東日本大震災の際は、この地域も大津波や原発事故の被害を被り、現在復興の途上にあります。
私はこのサイクリング企画を知った時、まず率直に「小さな街が、サイクルトレインを走らせるなんてすごい!」と思いました。

申し込みにあたっていろいろ調べてみたところ、
実はこの地域、ほかにもいろいろとすごかったのです。
 ・某TV番組で有名な、DASH村の所在地だった
 ・J-village(日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンター)がある
 ・鮭がとれる!!
 ・アヒルでソーセージを作っている!?
現地に行って走ったら、他にももっとすごい点が見つかると思います。
ご一緒に探しに行きませんか?

【担当】川合

【開催日】2017年11月3日(金/祝)~11月4日(土)
 *雨天決行
  何らかの事情で中止の際は、11月2日17時までに主催者より連絡があります

【コースや宿泊先、詳細】
 下記のHPをご覧ください
  ふたばサイクルトレインHP(コース説明)
  :https://futabacycling.jimdo.com/ふたばサイクルトレイン/コース説明/
 ★川合はA2コースを走る予定です
 ★チラシはこちら
【申し込み】
  アールエイチ企画HP
  :http://rh-kikaku.jp/tour/2017/tour13.html
 ★「このイベントを何で知ったか」の欄にリンプロジェクトと記載いただけますと
  グループ分けの際にスムーズです
 
 【〆切】 ~2017年10月12日→10月19日まで延長
    *定員になり次第前倒しで〆切ります

【問い合わせ先】
  ふたばサイクリングHP:
  :https://futabacycling.jimdo.com/お問い合わせ/
  *服装や持ち物等のご相談は、リンプロジェクトでも承ります
   info@rinproject.com   (件名:ふたばサイクルトレイン)へどうそ 
 

2017年9月22日金曜日

備忘録;ツールド東北2017

こんにちは、いずみです。
先週末、有志の皆さまと宮城県石巻市に行って参りました。
今年もツールド東北に参加、昨年同様南三陸フォンド(170km)を走ります。



初日はまず、東松島市の野蒜地区を散策しました。
震災の際には津波に巻き込まれ、野蒜駅は線路が流されるなど壊滅的な被害を受けた地区です。現在は高台に新野蒜駅ができ、電車の運行も再開されていました。また駅の近くには分譲住宅が建ち始めています。
以前の野蒜駅は津波の資料館になっており、映像や写真で当時の様子を見ることができました。駅の壁面に津波の到達高度が掲示されていたのですが、私の身長よりも全然高く、こんなに水が流れてきたら、本当に怖いなと感じました。

その後は自転車で海岸沿いを走行しつつ、会場となる石巻専修大学へ向かいます。
沿岸部はまだまだ、整備の途中でした。


無事エントリーを済ませたら、会場内のブースを散策。




美味しそうなものが沢山、・・・でも今年は秋刀魚が見当たりません。
漁獲量が少なく、会場での販売を見送ったそうです、残念。

昨年まではなかったウエアや小物の物販もちらほら見かけました。



日暮れ前に、奥松島の”いすゞ”さんに到着。
方言がほっこりするおばあちゃんが経営されている民宿です。
晩御飯はボリューム満点、海の幸がもりもり!


ホタテの焼いたのとお刺身、カニが一人一匹ついていて幸せでした。
本格的なのりうどんも美味しかったですし、初めて食べたほやも滋味でした。
食後はお腹をさすりつつ、同宿のサイクリストの方々とお喋りし、早めに休みました。


9/17(日)は4:00起床。
5:45の集合時間に間に合うように石巻専修大学に向かいます。


台風が近づいているせいか、風が若干気になりました。
私たちの組は7:00にスタート、普段の自転車旅の倍くらいのスピードで走ります。

1時間ほど走ったら、1か所目のエイドステーションに到着。
女川の漁港の大漁旗を振ってお出迎えくださいました。

ここでは、ほかほかの秋刀魚のつみれ汁を頂きました。
笑顔のお姉さんから手渡しいただくと、なんだかうれしくなっちゃいます。




また1時間ほど走り雄勝に入ったら、2か所目のエイドステーションに立ち寄ります。
ここでは、今朝取ってきた!というホタテを焼いてくださいました。
いい香り、大粒でぷりぷりです。

配布くださるお兄さんが話し上手の面白い方で、震災時に船が流されてしまった話や、最近の漁業の様子などを伺うことができました。
奥でホタテを焼いてくださるお兄さん、なんか見たことがあるなぁ・・・


-----------------------------------------------------------------------------------------
帰ってから、昨年の備忘録を見て納得。
昨年もホタテを焼いてくださったお兄さんでした!
2016.9ブログ:http://rinprotouring.blogspot.jp/2016/09/2016.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------

美味しいホタテを頂いたら、次はシーフードカレーとおむすび!
・・・のはずだったのですが、台風の接近の影響で走行距離は170→65㎞に短縮され、カレーのエイドステーションは省略されていました。残念!

若干の未練を残しつつ、11:00頃石巻専修大学へゴール。
雨の降りだす前に、走り終わることができました。
会場でご当地の名物の食べ納めをします。


昼過ぎには雨が降り出しました。
近くの銭湯でさっぱりし、”いつものところ”さんで晩御飯。
こちらのお店は、K子さんの職場の後輩の方のご両親が営まれているご縁で、昨年に引き続き2度目の来訪となりました。JR陸前山下駅から徒歩2分という好立地の居酒屋さんです。
もりもりのカニも、目光のから揚げも、ウニもホタテも最高でした!
締めのおにぎりまで、皆でおいしくいただきました。ごちそうさまでした。
また、定休日だったのにお店をあけて下さり、ありがとうございました。






今回のツールド東北は、台風18号の接近による暴風雨が懸念されていて、前日の時点で「距離を短くして走行します。場合によっては中止します」とアナウンスがありました。
しかしながら当日朝は晴れていて、走行中も雨には降られなかったので、私自身「せっかく来たのに短くて残念、エイドステーション楽しみにしていたのに」と若干不満を感じました。また、実際に口に出している参加者もいらっしゃいました。

しかし午後になると雨が降りだし、夕方になるにつれて、雨風共にどんどん強くなりました。また、夜や翌日は鉄道や空の便に欠航、遅延も発生していました。後から鑑みると、当日中に帰れるようにコースを短縮した、主催者の判断は正しかったなだと感じました。

とはいえ、シーフードカレーとおむすびも食べたかったです。
来年もまた、有志で参加したいなぁと思いました。


2017年8月21日月曜日

9月末に三宅島を走りましょう!

【三宅島チャレンジツアー】は最低催行人数に満たないため中止とさせていただきました。
お申込いただきました皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
(2017年9月17日 追記)

akigassyuku201710

リンプロジェクトと行く島ツアー2017 秋合宿だヨ全員集合!「三宅島満喫&チャレンジツアー」

火山の噴火による溶岩流や火山ガスによって自然の驚異と再生力を目の当たりにできる、ミステリアスな三宅島。そんな三宅島をリンプロジェクトスタッフと一緒に走りましょう!

基本的に自由行動ではありますが、スタッフと一緒にレベルに合わせて、島サイクリングを楽しめます。

三宅島サイクリング紹介ブログ ↓↓↓ クリックしてご覧ください! 
関東近郊でお薦めのサイクリングスポットは?

また、釣りや、バードウォッチングをしながら島をめぐりたいと言う方は、ご自身で道具をお持ちください。
※磯から釣りをされる場合は、必ずライフジャケットをお持ちください。

坂が心配という方、雄大な景色だけを楽しみたいと言う方のために、(株)デイトナさんのご協力で電動アシスト折畳み自転車【DE-01】の有料レンタルもあります!

自転車を持っていない友人を誘いたい!という方も是非ご利用くださいね。

CyclingPhoto201705_064
【デイトナポタリングバイク DE-01】

>>DE-01の詳細については、こちらをクリックしてご覧ください<<

【こんな方にお薦めです】
  • 雄大な自然を感じながらサイクリングしたい方
  • 初心者から中級者にステップアップしたい方
  • 立ちふさがる坂にひたすら挑みたい方
  • 釣りやバードウォッチングを楽しみながらサイクリングしたい方
  • 自転車仲間を作りたい方
【開催日】 9月29日(金・夜)~10月1日(日)

【料金】 28,900円(税込)

【オプション料金】(当日現金精算)

船室ランクアップ
往路:2等から特2等→3,220円
復路:2等から特2等→3,170円
miyake170726_179
【特2等船室】

レンタサイクル
デイトナポタリングバイク DE-01 4,000円(締め切り9月10日)

【集合】 9月29日(金) 21時30分頃 東海汽船竹芝ターミナル

【解散】 10月1日(日) 19時50分頃 東海汽船竹芝ターミナル

【募集人数】 20名(最小催行人数 15名)

【持ち物】自転車、輪行袋、パンク修理セット、工具、カスクやヘルメット、グローブなどのプロテクター類、ポンチョやレインスーツなどの雨具、着替え、その他各自必要な物(磯から釣りをされる方はライフジャケットをお持ちください)

【自転車について】

軽快に坂を楽しみたいと言う方はロードバイクがお薦めですが、ダートのあるコースを走ってみたい方は、太目のブロックタイヤ(700 x 35c程度で十分です)が付いたマウンテンバイクやツーリングバイクでお越しください。

【荷物について】

土曜日の朝は、港で宿の自動車に荷物を預けることができます。

日曜日は宿を出発後、観光協会さんに荷物を預けてサイクリングできますが、天候によっては荷物を持って10㎞程離れた港まで自走する可能性もございます。

レンタサイクルを借りられる方も、リュックサックなど自転車で走行できるバッグでお越しください。

【ツアー金額に含まれるもの】

往復船賃(2等和室)、朝食(土・日)、昼食(お弁当 土・日)、夕食(土)、宿泊費、ガイド代、保険料、諸税

※夕食時の飲み物は別途清算とさせていただきます。

【その他】

本ツアーはリンプロジェクト・(株)東海汽船が企画し、(株)東海汽船が募集・実施致します。
ツアーにはリンプロジェクトスタッフが同行いたします。
ツアー中に撮影した画像はリンプロジェクトがインターネットや紙媒体、広告などで利用させて頂く場合がございます。予めご了承ください。4名様以下でのお申込は男女別相部屋となります。

【締め切り】
9月15日(第一次締切・催行判断)
レンタサイクル希望の方は9月10日まで

【お申込】
こちらをクリックして、東海汽船様の募集ページに移動し、お申込ください。

皆様のお申込を心よりお待ちしております!

2017年8月17日木曜日

備忘録:長瀞キャンプツーリング (後編:3日目)

こんにちは、いずみです。

キャンプツーリングも最終日を迎えました。
今朝のコーヒータイムは焚き火付きです。


朝ごはんはホットケーキとお好み焼き
3日目ともなると、鉄板の扱いにも慣れ、皆さまの力作が多数披露されました。






食後暫くして、テント等を撤収し出発の準備ができました。


先ずは全員で、野上駅から帰る方を見送りまして、
秩父経由で帰宅する組と、熊谷方面から帰宅する組に分かれて走り出します。



秩父経由組は橋立で鍾乳洞を見学し、アイスクリームを満喫。
17時頃に西部秩父駅から輪行しました。



熊谷方面組は彩甲斐街道を熊谷に向かい、熊谷で昼食。
そこから輪行で帰る人、自宅まで自走する人に分かれました。



夕方からの雨に降られた人もいらっしゃいましたが、当日中に全員無事に帰宅しました。
企画くださったIさん、ご一緒くださった皆さま、楽しい夏休みをありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------------------------
私は今回、初めてテント泊でツーリングをしました。
行く前は「自転車だし、キャンプだし、夏休みだし、のんびり♪」と楽観視していましたが、実際に走ってみると、目的地に到着後はテントの設営や食事の支度をしていると、あっという間に日が暮れてしまいました。
朝は朝で、食事以外にも焚き火の処理やテントの撤収に時間を要し、最終日に自転車を漕ぎ出したのは11:00近くになってからでした。意外と忙しいです。
そして、普段のツーリング装備に加え、テントやタープ、チェア等を持参しますと、荷物はかなり重くなり、走り出しや段差などでかなりの負荷を感じました。
それでも、それらも込み込みで楽しい旅だったと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------------


また今回のツーリングでは、自転車の装備や集団走行の仕方・テントの装備や設営に関しまして、エルブレス新宿店自転車コーナーの皆さまにたくさん助言&助力をいただきました。
末尾になりましたが、お礼申し上げます。

★エルブレス新宿店 B1F自転車フロア
 東京都新宿区新宿4-1-11
 (新宿駅南口すぐ、R20甲州街道沿い)

備忘録:長瀞キャンプツーリング(中編:2日目)

こんにちは、いずみです。

キャンプツーリング2日目、朝方まで降っていた雨は、日の出と共に上がりました。

先ずはコーヒータイム。

キャンプ場はBBQコーナーが使い放題?
鉄板が使えるので、朝ごはんはホットケーキを作りました。


濡れたテントを干したら、今日も行動開始です。

長瀞の街の散策に出かけます。
快晴で暑かったので、すぐにかき氷が食べたくなり、休憩。

その後はロープウェイで宝登山へ
頂上には神社と小さなお茶屋さんがあり、珍しい黒文字茶を頂きました。


そしてお昼ごはん。
今日はなんだか食べてばかりです。


午後は川遊び、岩畳探索組とラフティング組に分かれました。
岩畳組は河原をお散歩します。

一方、ラフティング組は川にどぼん。
 …水がとても冷たかったので、終了後はお風呂屋さんに駆け込んだそうです。


たっぷり遊んだら、暗くなる前に焚き火とお夕飯の準備。

今日の晩御飯もBBQ、とはいえ昨日と具材は違います。
〆にお好み焼きも作りました。


今晩は雨は降らない様子、花火ができます!
そして、焚き火でお茶を沸かしました。


この後、コテージ組はアルコール付きの旅談義をしたそうです。
テント組はお先に就寝。


(3日目に続きます)